美容外科選びのポイント

婦人

着目するポイント

若い頃に肌を焼きすぎてしまうことや、適切な日焼けケアを行わなかったことが要因として現れるのがお肌のシミです。女性だけでなく男性にも症状が現れることが多く、特に年齢を重ねてからでは対策を行うことが難しい場合もあり、なんとか予防したいと考える人も多いですが、実際に症状が現れてしまうと諦めてしまう人も少なくありません。そんな経験を持つ人に一度試して貰いたいのが美容外科です。そのためまずは美容外科の選び方や選ぶ際の基準について知っておくと良いでしょう。まずそもそも肌のシミが現れるメカニズムですが、紫外線に当たることで、肌を守るためにメラニンと呼ばれる色素を生成します。多く場合でメラニンは日焼けした肌とともに皮膚から剥がれ落ちるのでシミになることはありませんが、長時間日光を浴びることや、うまく皮膚から剥がれなかった場合などにシミとして肌に残ってしまいます。また若いうちは問題なくても新陳代謝が年令を重ねることで落ちてくると、そのままシミとして残ってしまうことも少なくありません。そのため体質によっては若いうちからシミが発生することもあります。実際にシミが発生すると、個人で行う対処としてはシミ取りクリームなどを利用することになりますが、多量に発生することや濃いシミは個人での対処が難しい場合があります。そんなときに活躍するのが美容外科です。美容外科で行われる処置で最も多いのがレーザー光による治療で、薄いシミなら簡単に、濃いシミであっても回数を重ねることで元の肌に戻すことが可能です。そのためシミの改善を行いたいのであれば、優れた美容外科を選ぶ必要があります。その際の選び方や選ぶ際の基準についてですが、まずは自身の希望する条件に合っているかという点が挙げられます。レーザー光によるシミ取りを行っている美容外科は多いですが、基本的に自由診療となり、健康保険の対象外となることがほとんどです。そのため美容外科の中には独自のサービスによって他社と差をつけているところも多く、料金の割引やアフターケアなどを行っています。特にアフターケアは重要で、万が一シミが再発した際は無料や格安の料金でシミ取りを行ってくれるところもあり、それらの点も比較検討の対象とすることが重要です。また口コミも重要な判断材料の一つですが、主観的な部分によるところが大きいこともあります。そのため良い口コミだけでなく、悪い口コミも合わせて検討することをお勧めします。更に立地条件も重要で、シミ取り治療の為に何度通わなければならない場合、また万が一治療を行ったあとでアフターケアを依頼する場合、自宅や職場からあまりに離れていると、通うことが手間に感じ、治療やケアが中途半端に終ってしまうことがあります。多くの場合で途中でやめても返金が行われないことや、場合によってはシミの状態が悪化することもあるため、料金やサービス面、口コミなどと合わせて立地条件も美容外科を選ぶ際の判断基準とすると良いでしょう。治療やカウンセリングを受ける前に現地の下見を行うことや、ルート検索などを行っておくのも一つの手です。

カウンセリング

原因や治し方

シミ取り治療をするなら、シミの種類やそれにあった治療法を理解しておくことが大事です。ターンオーバーの乱れでできるシミは、レーザーを当てて消すのが一般的です。遺伝でできるそばかすにはIPLが、肝斑にはレーザートーニングや飲み薬が有効です。

顔を触る人

レーザー照射で効果を発揮

肌にシミが出来てしまうと、見た目の印象が老けて見えてしまいます。そんな肌を改善する為にも、シミ取りの施術を受けましょう。クリニックではレザーなど用いてしっかり状態を改善してくれるので、是非しっかり通ってきれいな肌を作りましょう。

ナース

美白治療の相場

シミ取りといえばレーザー治療が有名ですが、ライムライトやケミカルピーリングなどその他にも沢山の治療法があります。そして治療法ごとに効果があるシミのタイプも違えば、一回で必要になる治療費も違ってきます。